土地の名義変更にかかる費用はいくら?価格の目安を紹介

土地の名義変更に、実はさまざまな費用が発生することをご存知ですか?突然土地を相続することになっても困らないよう、名義変更時に発生する費用の目安を知り、相続に備えておきましょう。

◆司法書士に依頼する場合の費用

土地の名義変更は手続きが複雑で必要な書類も多いため、自分で行うと時間も手間もかなりかかってしまいます。

確実に間違えなく名義変更を行うには、司法書士への依頼がおすすめです。

司法書士へ依頼する場合は、名義変更にかかる税金などの実費と司法書士へ支払う報酬を合算した額を支払うのが一般的。

実費は固定資産評価額の0.4%が徴収される登録免許税や登録事項証明書の発行代、各戸籍謄本の手数料などがかかります。

実費は土地の評価額により変動しますが5万前後、司法書士への報酬が4〜5万前後必要なため、司法書士にすべて任せる場合は約10万円費用を見込んでおくといいでしょう。

◆土地を相続したら相続税はかかる?

土地を相続すると、相続した人全員に相続税が発生すると思われがちですが、実は相続税はすべての人にかかるわけではないのです。

相続税は現金を始めとする自身が相続したすべての合計額が一定基準を超えたときのみ発生します。

この一定基準を基礎控除といい、3000万円+600万円×相続人の人数で計算するため、兄弟2人で相続する場合は4200万円以下であれば相続税はかかりません。

まずは自分に相続税が発生するかどうか計算してみましょう。

土地の名義変更は司法書士への依頼がスムーズ。

相続税と合わせて必要費用を計算し、事前に準備をしておきましょう。

コメントは受け付けていません。