兄弟で土地を相続しても揉めない方法!土地はどうやって分ける?

お金など目に見えて分けられるものと違い、土地の分割は難しいもの。

兄弟で土地を相続する場合、思わぬトラブルが起こることも。

お互いにもめたり損をしたりしないために、土地を兄弟で円滑に相続する方法を覚えておきましょう。

☆関連記事もCheck⇒【兄弟トラブルになる前に。遺産相続の割合や揉めないための対策をFPが徹底解説!(2020年2月17日)|BIGLOBEニュース

◆兄弟で土地を相続したら

土地を兄弟で相続する場合、遺言書があるとスムーズです。

しかし遺言書が遺されている場合はほとんどなく、兄弟が遺産の取り分などで揉める原因となります。

土地はみんなで共有することも可能ですが、何をするにも兄弟全員分の同意が必要となるためトラブルに発展しがちに。

ですので、土地の共有はあまりおすすめできる方法ではありません。

土地は相続したら兄弟間で単独の所有者を決めるのがベストです。

◆兄弟で土地を分けるにはどうする?

誰が土地を相続するか決めるのに必要になるのが、遺産分割協議書です。

これがあれば誰がどの遺産をどう取得するか明記されているため、もめ事が起こる心配がありません。

誰が土地を相続するか決まったら、名義変更のためにも速やかに作成するようにしましょう。

◆遺産の分割法

相続財産の分け方は主に4つあります。

① 現物分割

相続財産そのものを分ける方法です。

土地を相続しなかったその他の兄弟は、預貯金や有価証券などその他の遺産で価値が同等になるよう分配します。

② 代償分割

土地を相続する代償として、他の相続人にも同等に近い金銭を支払う方法です。

③ 換価分割

土地を売却してその代金を分け合います。

④ 共有分割

土地を共有名義にします。

しかし次世代に相続人の数が増える、手続きに全員の同意がいるなど、後々デメリットが多いためあまりおすすめできません。

兄弟の土地の相続で遺言書がない場合、遺産分割協議書を作成すると相続が円滑に進みます。

相続財産は平等に分け、兄弟間でトラブルにならないよう配慮しましょう。

コメントは受け付けていません。