兄弟で相続する土地の名義変更に必要な遺産分割協議書とは

土地の相続は、両親の死などにより突然発生する場合があります。

両親名義の土地を兄弟で相続した場合、兄弟間で揉めないように土地を誰が相続するか決めておくことが大切です。

名義変更の際に重要な遺産分割協議書の基本知識を知り、円滑に相続を進めましょう。

◆遺産分割協議書ってなに?

土地の名義変更は、遺言書か遺産分割協議書の内容に基づいて行います。

作成は義務ではありませんが、さまざまな局面で書面があるほうが便利です。

相続が発生したら遺言書がない場合は、法定相続人全員と話し合い、速やかに遺産分割協議書を作成するようにしましょう。

☆オススメ記事のご紹介>>https://news.infoseek.co.jp/article/financialfield_73934/

◆実際に遺産分割協議書を作成しよう

特にこれといった所定の書式はありませんが、遺産分割協議書の作成は下記のように行うのが一般的です。

まず、用紙はA4かA3で、ワープロ印字で行います。

書式はタイトル・被相続人・相続人・内容・記載漏れの遺産、のちに発覚した遺産について・署名、押印を相続人ごとに箇条書きにするのが基本です。

相続人情報は必ず戸籍謄本通りに記載してください。

印鑑は相続人全員の実印を押し、印鑑証明も添付しましょう。

遺産分割協議書は相続人の人数分を作成し、各自で保管をします。

兄弟で土地を相続するときは、誰が持ち主になるか明らかにするために遺産分割協議書を作成しておきましょう。

特に書式はないので、本記事を参考に作成しておき、名義変更に役立たせてください。

コメントは受け付けていません。