松坂牛の歴史

高級和牛として知られる「松坂牛」ですが、その歴史は、日本で食肉文化が始まった、明治時代まで遡ることができます。

もともと農耕用として但馬地方で飼育されていた雌牛が、明治後年より食肉用として飼育されるようになり、1935年に行われた「全国肉用牛畜産博覧会」において、名誉賞を受賞したことでその名が全国に知られるようになりました。

戦後になると「松坂肉牛共進会」が開催されるようになり、品評会に出品される牛肉の優秀さが注目を受け、ますます「松坂牛」の名声を高めることになりました。

同時に、日本食肉格付協会の枝肉格付において、最上級とされるA-5とB-5ランクの肉のみを「松坂牛」と認定することで、一般に市販される牛肉にも非常に厳格な基準を設けました。

このことにより、「松坂牛」は名実ともに、日本一の高級和牛として日本中に知られるようになり、今に至る絶大な人気を築くことになったのです。

2001年の産地偽装事件をきっかけに、2002年には仔牛の導入から出荷までを管理するシステムが導入され、これに登録された肉牛のみが松坂牛として出荷されるようになりました。

その一方、同年に枝肉格付が松坂牛の定義から外されたため、出荷されている全ての「松坂牛」が全て最高級というわけではなくなりました。

関連サイト:牛肉で一番脂が美味しい部位、肉の旨味について | 素材・食材のQ&A【OKWave】

コメントは受け付けていません。

Filed under 松坂牛の歴史

Comments are closed.