特産松坂牛とは?

ただでさえ美味しい(高い)「松坂牛」ですが、ただの松坂牛ではない、「特産」松坂牛があるのを御存知ですか?但馬地方を始めとした兵庫県から、生後約八ヶ月の優秀な仔牛のみを導入し、900日以上の長期間、農家で一頭一頭大事に飼育されたものを、他の松坂牛とは差別して「特選」松坂牛と呼んでいるのです。

参考⇒http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8159711.html

通常の松坂牛よりもさらに時間と手間をかけて育てられており、油のつきを良くするための皮下脂肪マッサージなど、手間暇をかけた飼育が行われているのが特徴的です。

松坂牛の有名な逸話として「ビールを牛に飲ませる」というものがありますが、基本的に、全ての松坂牛がビールを飲まされているというわけではありません。

実際、こういった手間のかかる管理は「特産」のみに行われています。

近年では多頭飼育が松坂牛の飼育に於いても一般化しており、このような手間暇をかけた古くから伝わる松坂牛の飼育方法は、今では「特産」のみに見られると言っても過言ではないでしょう。

このような特産松坂牛はセリにおいては、一頭あたり数千万円の値がつくこともあるのだとか。

昔ながらの飼育方法で育まれた「特産」の松坂牛、一体どんな味なのか?一度で良いから食べてみたいものですね、、、。

コメントは受け付けていません。

Filed under 安心・安全

Comments are closed.